Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

人は新しい環境を嫌がる。順応性さえあれば行動が楽になるというのに・・・。ダーウィン先生名言“ It is not the strongest of the species that survives,・・・” 成功者 サバイバル 偉人の名言

Sponsored Links

It is not the strongest of the species that survives, nor the most intelligent, but the one most responsive to change.
Charles Darwin

 

英語の名言
最も強い種でなく、最も賢い種でもない、
環境の変化に最も敏感に順応する種が生き残るのである。
チャールズ・ダーウィン

 

 

種の生き残りも、人間社会にサバイバルのも同じように連想される。成功者は常に順応性に富んでいる。そう、時代は日々変化し昨日の成功手法は今日にはもう過去のものになってしまうとうことも多々ありませす。


ひとつに成功で満足をしてそこでストップしてしまう。学び続けないで今まで学んできたことで、満足をして自信過剰になり知ったかぶりになってします。しかし成功したいのであれば、全てにおいて偏見を持たず、常に学んで成長していくという意識をつこと。


経験したことは私たちに「教え」はしてくれますが、そこから先、その経験を生かすには学ぶという姿勢が大切になってくる。しかし、人間社会において「順応性」はとても難しい課題。

成功したいのに成功できないひとは成功したいとおもっていても、今いる場所から動き出せずに、立ち止まったままという人も多くいる。新しい環境・場所に順応できるか心配で・・・。今いる立ち位置は慣れていて居心地がとても良い。


ちょっと動いたら居心地が悪くなってしまう。自分の居場所があるということは、自分の存在感がきちんとあるということでそこで安心感を覚えてしまう。それがちょっと崩れるだけで、心が不安になってしまう。


会社で言えば席替えで自分の場所が変わったり、周りに今までとは違う人が来たり、特に人事異動で新しい場所にいく、そうしたらまた自分の居場所を探しに行かなければなりません。その環境に順応できるまではある程度時間がかかります。

そしてだんだんと新しい環境に順応していくのです。成功者になるべく行動もまた同じです。成功したいと思うのであれば、今いる場所から動き始めなければなりません。自分の習慣や環境を壊して出ていくことはとても勇気がいります。


新しい場所へいくのは本当に怖いものです。「失敗したらどうしよう」などと勝手に脳が考えだします。そして完璧にはもとに戻れない。しかしさっきの会社の異動の話のように、人間には適用能力が備わっています。


新しい環境にいけば、いずれは新しい環境に慣れていく。人間の行動はいつも同じで、行動するまえはいろいろと頭で悩み抜きます。しかし実際行動してみると、予想していたこととはまったく違っていたという人も多いようです。行動してみないとやっぱり先のことはわからないのです。