Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

収入増やしたい、起業したい、独立したい、成功したい。でも何ひとつ行動に起こしてない人。成功者の名言 ”I never worry about action,・・・” 不安 失敗 不景気

Sponsored Links

I never worry about action,
but only inaction.
Winston Churchill

 

 

成功者の名言行動していれば私は何も不安はない。
不安になるのは行動を起こしてないときだけである。
ウィンストン・チャーチル

 

起業したい、成功したい。でも今不景気。ずっとそんなことを考えていては、ついに今の仕事だけで人生が終わってしまう。行動できないのは「恐怖」。


「失敗したらどうしよう」とう不安。しかし起業したい、そう行動。行動しないことが一番悪い、とにかく「行動あるのみなのです。わかっているけど、動けない・・・。動けないのは習慣(クセ)。


習慣や癖は一般的に悪いもののようにとらわれがちですが実は違います。習慣の大半は有益な行動。やることなすこと全てに1点集中して、決断を下していかないといけなくなった場合どうでしょう。

つかれて疲労感いっぱいになってしまいます。だから、毎日の朝起きたらすぐに洗面所、帰ってきたら入浴。着替えるなど、何気なくやっている行動は疲れることはない。思いがけない出来事が起きない限り脳はいつものように動いてくれてる。


でも起業や夢に向かって動き出すとき、なかなか思い腰があがらない。そういった人は起業してもその先成功させ続ける可能性が低くなってしまう。だから「今すぐやる」習慣を身につけなければならない。


「すぐやるクセ」は日常的ないろいろな場面で練習ができる。すぐに行動が起こせるようになるたには、「後ではだめ、今、今」など、いつも意識づけさせていくと、脳がすぐ行動起こしてくれるように新しい習慣を創ってくれる。便利な脳です。


すぐ行動できる人になることができれば、起業しても成功できる確率はぐっとあがる。、新しいことを収集し、業績が下方になっても上方させる手段はないか常に前向き。反対にすぐ行動できない人のままで起業してしまうと、

いざというとき、何をどうしたらいいか動けなくなってしまいます。自分なりのマニュアルが出来上がっていて、そのマニュアルからそれることができない。この方法で成功したんだから、またこの方法で通用するはず。


などと、いつまでも同じ考えのままそこにとどまってしまいます。起業してうまくいかない人は、成功の落と穴に気づかない傾向にあるといいます。時代は刻々と変化していて、今自分が売り出しているものや手法はもう遅れてきているかもしれません。


それになかなか気づかない。起業を成功させている人は、常に新しい情報収集に余念がなく、自分の経営方針が古くなっていないか、改善策はないか、それとも新しい方法を見つけ出すか。常に追及心を持っています。