読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

成功者からの脱落、いったん成功したらズルズル余韻に浸ってしまうこと。半永久的に成功者になる続けるために必要なことって??

Sponsored Links

成功者はその目的を目標とし、その目標に達するまでの努力を描く。夢だけではもちろん成功はできない。夢と同時にその夢に対する目標を設定し努力していくことが実現達成のための方法としてはとても有効的。

 

なぜなら、目標を設定することにより、自分の夢がどれだけ現実可能となるかの物差ししもなります。大小かかわらず、成功を収めている人は前向きな変化をもたらすために、定期的に目標を設定しています。


一つの目標がクリアできたら、また次の目標を設定する。といったふううに。一番賢いやり方です。人はひとつ目標を達成させると、すぐに怠けたくなるものです。「あー、ここまでがんばったんだから、いったんひと休みしようよ」と。

f:id:sumomox:20160622224854g:plain

しかし、そこで休むとズルズルとしてしまう傾向にあります。賢い人、成功者は決してその声には耳は貸さず、「だめだよ、もう次の目標を設定しちゃったんだから、すぐ動かなきゃ」と。

成功を達成させるためには自分を甘やかしたりはしません。ここの違いが成功者と成功できないひとの違いのような気もします。目標設定は自分が夢を実現させるために、何が必要で何をしなくてはならないか、構成立てて知ることができ、


設定することでやるべきことがイメージ化し、先に進みやすくもしてくれます。さらには、今自分がゴールのいったいどこらへんにいるのかも再確認してくれます。目標に向かって努力をしているとゴールがなかなか見えず、


つらい毎日を送ることもあり、あきらめや挫折感も感じてしまうことがあります。世の中何かと便利になったといえ、さすがに自分の目標に対して、「ゴールまであと何キロですよー」なんて親切に教えてくれません。自分だけが頼りです。

そういったとき、目標を設定しておけば、今の自分の立ち位置もわかり、不安な日々を送らず前進することができます。この目標は別のことばでいうと「仕分け」みたいなものになるかと思います。


いきなり頭の中で大きな目標や情報、そして進むべき道を1本に絞ってしまうのではなく、まず目標を細かく分解(仕分け)。します。そうするとさっきまでは大きすぎてとても達成できないような目標だったとしても、仕分けすることによって、


越えなければならない目標が小さくなるため、達成がしやすくなります。この小さな目標を次々達成していくことによって、最終的には本来の大きな目標が達成できる仕組みになっているのです。ただやみくもに努力をしていくよりもよっぽど有益的です。