Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

【失敗と成功】D・カーネギー氏の名言: “Develop success from failures.Discouragement and・・・” 成功者 英語 人間関係 話し方講座 スピーチ あがり症 自己啓発

Sponsored Links

Develop success from failures.
Discouragement and failure are two of the surest stepping stones to success.
Dale Carnegie

 

f:id:sumomox:20161016212005g:plain

 

失敗したことを成功へ発展させなさい。
落胆と失敗。
この二つはもっとも確かな成功への足がかりなのです。
デール(D)・カーネギー

 

語句
develop発達させる,発展させる
discouragement 落胆
stepping stone 踏み石 手段 方法

 

失敗こそが成功への確かな足掛かり。落ち込んでいる間になにがダメだったのか行動を振り返ることもできますし、違った角度から見直す時間もできます。「人を動かす」「道は開ける」で知られる自己啓発の祖、D.カーネギー氏。自己啓発の書籍を多数執筆しています。


そして、自己啓発の他にも人間関係の神様としても有名で話し方における教育のプロフェッショナルでもあります。D.カーネギー氏の話し方講座においては、あのニューヨークにおける大富豪、金融(投資)業界では知らない人はいないウォーレン・バフェット氏も受講したと言われています。


少人数にせよ、大人数にせよ、とにかく人前で話すことが苦手という人はたくさんいます。特に日本人には多いのではないでしょうか。人前で話すことが苦手、どうしても緊張してしまうからこそ、

話し方入門 新装版

話し方入門 新装版

 

 
事前にしっかりと準備、さらには丸暗記までしたのに本番はうまくいなかない。緊張とパニックで頭の中真っ白。余談ですが、私の先輩は緊張しすぎて手足がバタバタし始めてしまいます・・・。


育った環境などもあるかもしれませんが、どんなにスピーチや人前で話すことがうまい人も皆、訓練をしてきたのです。指南になる書籍はセミナーはたくさんあります。基礎理論を学び、そして実践する日々を重ねれば必ず人前で堂々と話せることができるようになります。


誰だって人前で話をするときは事前準備をします。その話すためのテーマの選び方、準備、始め方、終わり方を一通り型にはめることができれば、応用も聞くようになり、上手な話し方ができるようになります。


そういったノウハウを学ぶ場合、本やセミナー、講座もたくさん存在していますが、私の場合、日々忙しいので、英語の勉強にしろ、ビジネス書にせよ、オーディオブックを活用しています。


アメリカに留学していたころは、本と同じくらいオーディオブックがあったのを見てカルチャーショックを受け、その頃から耳から学ぶことを実践するようになりました。日本へ帰国して、オーディオブックの数が少ないことに大変驚きましたが、


今では、「オーディオブックサイトFeBe(フィービー)」をよく利用しています。英語の教材や自己啓発書、ビジネス書を多く取り揃えているサイトであり、私にとってとても利用頻度が高いサイトです。

話し方入門 新装版(オーディオブック版)