Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

起業を成功させるためには尋常じゃないくらいの知識習得と勉強必須です。英語の名言“Common sense in an uncommon degree is what the world calls wisdom.”

Sponsored Links

Common sense in an uncommon degree is what the world calls wisdom.
Samuel Taylor Coleridge, Poet

尋常ではない程度にまで高められた知識のことを、
世間は知恵と読んでいる


起業して成功させるために、ここまで自分の知識を蓄えることができたら、起業が成功する確率がとても高いですね。ただ、ここまで突き詰めるには相当の努力が必要。成功者はやはり当然のようにやっていること。


起業とひとことで言っても様々な種類や分野が存在します。自分の行きたい道が決まったたら、その目標に向けて一途に取り組むことですね。その分野の知識をこれでもか。というほど勉強することが大切です。またその分野だけの勉強だけでも足りません。

起業を成功させるための、経営論や金銭管理など必要と思われるものな貪欲なほど知識を習得しなければなりません、起業を成功させるためには。頭だけの知識の習得だけでなく、成功した人に話を聞くというのもまた勉強になります。


しかし、日本人のまだ弱い部分と言われるのが積極性。成功のコツは成功者に学ぶもひとつですですが、普段生活している中で、なかなか成功者にある機会は恵まれません。そんなとき、友人のつてやセミナーなどを利用することもありますが、


本当に成功したいなら聞くだけでなく、質問をする。質問することがとてもメリットになるのに、聞きたいことはたくさんあるのに、実際は聞かない、質問しない。やはり受け身になっている人の方が多いように思える。


自分が受け身状態の人間であると起業など成功したくても成功する可能性がとても低くなってしまう。成功者は皆、積極的です。私の周りにいる起業した人も明るく、積極的で、そしてポジティブです。わからないことがあるとなんでも聞いてきます。しつこいくらいです。

でもこれくらいでないと成功者になれないんだな。という気もします。成功したい、お金持ちになりたい。という気持ちはあるけれど、自分がその「受け身」状態であれば質問するどころか、成功するための行動の第一歩も踏めない状態になってしまいます。


成功したいけれど、今の場所が安定していて動けないのです。安定した生活を望んでもお金持ちにはなれません。成功するためにはリスクがつきものです。そのリスクを取らない限り成功には手が届きません。


今の時代は思い切って起業しても失敗してしまう可能性が大きい時代です。だからこそそれでも起業したいと思うのであれば、リスク管理はしっかりしておくべきです。私も常にひとつだめだったら絶望的。にならないように、第二の道をしっかり考えて行動をとっていくようにしています。