Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

ただ時ばかりが過ぎて後悔ばかり これ、やめる。今すぐやめる。英語の名言“I never waste time looking back. ”

Sponsored Links

I never waste time looking back.

Eleanor Roosevelt

f:id:sumomox:20161004204940g:plain

私は決して過去を振り返るような時間の無駄遣いはしません。


ただ時ばかりが過ぎて後悔ばかり。過去に行動しなかったばっかりの後悔、行動したとしてもその失敗や過ちにがいつまでも頭に残ったまま。それらを頭の中に残しておいても意味ないのに、過去を振り向いても意味がないのに、


無意識にふと過去を振り返ってしまう自分がいます。時間というものはとても貴重なもの、そういった過去を振り返って失敗したことを後悔するばかりでは、本当に時間の無駄で時間の無駄遣いだということを、しっかり自分に意識づけ、


もっと先を見、もっと有益なことに時間を使うよう心掛けたいものです。しかし、無意識に過去のことを思い出してしまうときのこの「無意識」というもの。本当にやっかいだと思います。


厄介といってももともとは自分自信が作り出したものなので、自分で克服をしていかなればならない。私たちの生活している1日の大半はこの無意識下で行われている習慣的なもので成り立っています。


毎日の行動のほとんどがパターン化しているといえます。習慣は自分が毎日行っていることが繰り返されていく結果、いつのまにかオートマチック的な行動になってしまったもの。成功者はよく時間管理ができていると聞きますが、


例えば人間は趣味などに夢中になっているときは、時間など忘れてしまう。集中しているのであっと言う間に時間が過ぎていて、後になって気づく。自分が時間を管理していきたいと思うのであれば、


いくら集中して夢中になっていることをしていても、そこは意識づけしながら、時間を管理するよう気配りをしていく訓練が必要となる。時間管理を身につけないとすれば、その都度その都度、自分を客観化し正確に観察してくことが必要となる。


いくら記憶力やコミュニケーション力、そして判断力が優れていようとも、この時間管理が徹底にできていないと、せっかくの鍛え上げた能力もムダになってしまうというものです。最近私はなんでも時間を図るように努めています。


仕事をするときでも1案件が何分で仕上がることができるかストップウォッチで図っています。これが慣れてくると、だんだん同じような仕事に対してかかる時間がだんだん減っていくことがわかります。


タイマーで設定した時間内に仕事や勉強を終わらせるという人も聞いたことがありますが、人それぞれだと思います。私はタイマーの方が焦りがでてミスをしてしうことが多かったです。反対にストップウォッチにした方が冷静に仕事ができます。


時間を計ること自体、自分は追い込まれているようで嫌な気分があするという人もいるかと思いますが、これは自分が自分自身と時間を管理できるように訓練しているもので、決して自分を追い込んでいるような感じではありません。まあ捉え方は人それぞれだと思いますが。