Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

英語のリスニングには、ジョブス氏とヒラリー夫人がおすすめ。発音もよくなった。★英語の名言:”Do you want to sell sugared water for the rest of your life?・・・”

Sponsored Links

Do you want to sell sugared water for the rest of your life?
Or do you want to come with me and change the world?
Steve Jobs

 

f:id:sumomox:20161015181746g:plain

 

このまま一生、砂糖水を売り続けたいのか?
それとも私と一緒に世界をかえたいのか?

 

スティーブ・ジョブス氏・・・。究極の殺し文句って感じです。というより、かなり有名な名言。私は英語の勉強をするときにジョブス氏のスピーチを何度も音読 f:id:sumomox:20151209002352g:plain し、


英語のリスニング・スピーキングにもなるし、内容も自己啓発っぽくてモチベーションも上がります。ヒラリー夫人のスピーチもとてもよくしています。


ヒラリー夫人はとても発音が綺麗で英語の発音やイントネーションを学ぶの f:id:sumomox:20161009221653g:plain にとても役に立ちました。しかし、ジョブス氏。

[CD付]女性リーダーの英語

[CD付]女性リーダーの英語

 

 

ジョブス氏のことが頭に浮かぶときいつも考えるのは彼の時間管理のことです。世の中にはいわゆる成功者はたくさんいる。


とくにジョブス氏は超がつくほどの成功者。その「超」がつかなくても、成功したい、お金持ちになりたいと思っていると成功者が忙しい中でどのように時間を作っているのかとても気になるところです。


成功者という人たちは当然、自分自身の独自の時間管理をいうものが出来上がっていると思います。そして行動力。すぐ行動できるという部分も時間をうまくつかっているのだと思います。


人に与えられた時間は同じ24時間。とても時間の使い方がうまいのでしょう。成功者はそれらを乗り越えてきた人たち、しかし成功したいと思ってはいるけれどいつまでも行動できなく、


グズグズしている人たちは世の中たくさんいます。必要なことはすぐに行動できないという。自分がコントロールできていないことにあるように思えます。明日でも来週でもない。


今できることをすぐ実行できる能力に欠けているのだと思います。今できることをすぐやる行動パターンが身についているのであれば、初めから小さな成功として成果を上げることができ、


それを繰り返すことによって自分の本来の大きな目標も達成させることも可能になるのです。しかし、なぜ人間は先延ばしするのでしょう。


よく会社でも数分、数時間でできることを何時間もかけて取り掛かっている人を見かけます。与えられた同じ24時間でさっさと片付けることを意識すれば時間がその分できます。


確かに時間をかけなければいけない仕事というのは存在しますが、そうでなければ時間の無駄遣いになってしまいます。時間はタダ f:id:sumomox:20151206081438g:plain です。


無料なものだとどうしても無駄に使ってしまうような原理が働いているのかもしれません。その分成功者は時間の貴重さを知っているので、時間の無駄遣いというのは毛嫌いしている人の方が多いように思えます。

 

[生声CD&電子書籍版付き] スティーブ・ジョブズ 伝説のスピーチ&プレゼン

[生声CD&電子書籍版付き] スティーブ・ジョブズ 伝説のスピーチ&プレゼン

 

 
仕事に時間をかけてしまう人はやっぱり勉強や目標達成に対して先送りする傾向があるように思えます。自分自身がそうでしたから。そのため、仕事を早く処理できるよう、すぐ処理するよう心がけました。

 

f:id:sumomox:20160701000038g:plain


しかし、これにはひとつネックがあり、仕事のスピードを上げると必ずマイナーミスがついてくることが多くなってしまいます。それも解決しなくてはいけない課題のひとつ。そしてそれは集中力をつけることを解決できました。


集中力がつくと、仕事の効率もぐんっと上がります。その分勉強の時間も増やせますし、さらに勉強の質や効率もかなり上がります。成功したければ「集中力強化 f:id:sumomox:20160213094425g:plain 」必須科目です。