Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

【英語の名言・格言】失敗したら確かに落ち込むけど、チャレンジしないでいたら全てが終わり。過去を振り返って後悔もしなくない。それなら、、、

Sponsored Links

You may be disappointed if you fail, but you are doomed if you don't try.
Beverly Sills, Musician

 

f:id:sumomox:20160213094425g:plain

 

「あなたが失敗した場合、落ち込むかもしれませんが、しかし、もし挑戦しなかったった場合、全てが終わりなのです」。行動力が伴わず何も挑戦してこないと時ばかりが過ぎてしまいます。



「時」ばかりは今の時代、どんなに進んでいても、過去にさかのぼることはできない。かといって挑戦しなかった過去を振り返って後悔 f:id:sumomox:20160919153931g:plain ばかりするようなら、そこでまた時間の無駄になってしまいます。今からでも遅くないので何かチャレンジすることが大切ですね。



人はなせ挑戦する勇気がなかなか持てないのでしょう。反対に全員がそんな勇気をもっていたら、成功者だらけです。それだけ挑戦していくことは難しいことなのです。できる人はできる、できない人はできない。



何かの法則っぽいですが、「できない f:id:sumomox:20160917212247g:plain 」から「できる」に自分を改革していくことはできる。おそらく先の成功したときのイメージがしっかりと想像できないことも理由のひとつつかもしれません。運とかチャンスは寝ていれば、


空から落ちてくるわけではありません f:id:sumomox:20160918193036g:plain 




その「運」をつかむには、自分が何かしらアクションをとらないといけない。それを知っているかどうかで、結果に大きく違いがでてくる。もちろん行動をしないと運はつかめない。ということを頭ではわかっている人は多い。というよりほとんどだと思います。



それなのに動けない、行動できない人がほとんどです。それには理由は人それぞれたくさんあると思います。成功した時の恐怖を抱えて動けない人、行動に対する先送りのクセが習慣的になって、それこを慢性的な受け身状態になる人、などなど。



しかし、最終的には全て共通していると思います。それは「思い込み」という部分。幸いにして人間は「考えられる」動物です。思考があることは素晴らしいことだと思いますが、あれこれ頭の中で考えているうちに、自分なりの勝手なイメージ f:id:sumomox:20160202225713g:plain が創り上げられてしまい、



そしてそれが本当だと思い込み、行動する勇気がなくなってしまう。せっかく成功するチャンスがあるのにとてももったいないことだと思います。例えば、「成功するには何か特別な能力や才能が必要と思っている」また、「自分には無理」と思い込んでしまう。



特に「自分には無理 f:id:sumomox:20160808235542g:plain 」ということに関しては、その「無理」な部分を細分化して何が無理なのか、その「無理」を細分化していけば解決できたりすることもあります。超成功者とは自分の失敗したときのことはまず考えない人が多いとよく聞いたことがあります。これこそすごい自信で出来ているのだと思いますが、



私たちは時に「行動して、失敗したらどうしよう f:id:sumomox:20160618214115g:plain 」という心配事もあります。そのため「リスク管理」ということも必要になってくると思います。自分の思っていることはたんなる「思い込み」ではないか。よく考えて気づくことが大切ですね。

「やる気」が出るコツ、続くコツ

「やる気」が出るコツ、続くコツ