Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

成功することへの恐怖を克服しないと決して夢や目標達成はできない。小さな成功体験を積み重ねて、大きな成功をつかみましょう。

Sponsored Links

語学力を上達させたくて、英会話スクールやTOEIC対策などの語学学校に通う。面白いほど続かない。過去どれくらいのお金を無駄ししてきてしまっただろうか。「成功恐怖」という言葉を聞いたことがある。成功したいとは思っているけれど、無意識(潜在意識)では「失敗したらどうしよう」「達成までの過程でなにか自分にとってマイナスになることが起きてしまうのではないか」など、いろいろな理由・・・


それも行動をストップさせるための都合のよい理由をつけて進まなくさせる。これが「無意識」において働くのでとてもやっかい f:id:sumomox:20160917210338g:plain 。恐怖(fear)の感情が強ことにより行動できなくなってしまいます。だから自分がほしいと思うものを手に入れたいのであれば、何よりも先に、この潜在意識に潜む「恐怖」を克服していかなければなりません。


「成功」ということが決して「怖くないもの」と脳に認識させるためには、やはり「成功体験」を積むこと。自分が達成したい目標に対し、その目標を可能な限り細かく細かくして、自分が簡単に達成しやすいように再分割する。そして、その達成が簡単な小さな目標をひとつひとつこなしていく。

36歳からオンライン英会話をはじめたら英語で仕事ができるようになりました
 


そうするとだんだん「成功」することは決して怖くないことなのだ。ということに気づいていく。これを続けて脳を変化させていけたらしめたもの。さらに「成功」を積み重ねていくことによって、自分に「自信」というものもついてきます。これを最後まで続けることができたら大きな目標が達成でき、成功に対する恐怖もなくなってきているはずです。


しかし、人間とは不思議なもので肝心なことは、わざとかどうしてかすぐ忘れてしまうクセを持っている。「いつも、何時でも自分の目標を忘れずに心にとめているか」と聞かれれば、現代人忙しい毎日。そんな忙しい日々を送っていると、すぐ頭から離れてしまい、「今日は仕事がんばったし、疲れたから明日にしよう、明日からにしよう」と勝ってに脳が動き出し、また行動をストップさせてします。


今度は成功への恐怖でなく、「先延ばしグセ」の登場です。要は言い訳思考に頭が偏ってしまっています。自のもう分一人の「声」は、一瞬のスキをみてズカズカ f:id:sumomox:20160918140247g:plain 入りこんできます。あっという間に負けてしまいます。「まただめだった・・・」と落ち込み、そして振りだしに戻ってしまいます。


そう思ったらとても悲しいことだと思いませんか。自分の夢や目標を常に意識して生活する。小さな成功体験をたくさん積み重ねる。やる、やらないは本人の自由です。でもやらないよりはやったほうがいいに決まっている。それに、頑張って得た知識は「一生ものの財産」 f:id:sumomox:20160918193036g:plain にもなるのです。