Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

仕事ができる人になるためには「スピード」と「的確さ」はセットで鍛え上げていく。プラスもうひとつ必要なのが、、、

Sponsored Links

集中力 !f:id:sumomox:20160213094425g:plain  。「成功者、仕事ができる人」はすぐ行動に移せることができるというイメージが強い。そして仕事が速い。しかし仕事のスピードを上げるとどうしてもマイナーミスが出てくる可能性もある。私の会社の部署にも「仕事が速い」と言われる人が二人いる。


しかし二人とも周りからあまり良い印象は持たれていない。一人は仕事が速いな中身がない、要はクオリティが低いといわれている。本人は「効率化」をモットーに頑張っているわけだが、周りからそういわれているとは思っていない。かわいそうに。


そして、もう一人は仕事は速く、処理すべく案件をすごいスピードで処理していく。本来そんなに簡単に、そして速く結論を出してはいけないような仕事。とても細かい作業で、何十のチェックを要するような案件なので、あとで致命的な問題 f:id:sumomox:20160202225539g:plain が出てくるのではないかと心配されている。

 

世界のトップエリートが実践する集中力の鍛え方  ハーバード、Google、Facebookが取りくむマインドフルネス入門

世界のトップエリートが実践する集中力の鍛え方 ハーバード、Google、Facebookが取りくむマインドフルネス入門

 



前の担当者は念には念を入れて作業していたので、反対に周りから「遅い」と言われていた。どちらがよいのか・・・。もちろん中間がいいのでしょうが。人それぞれ性格が違うので難しい部分もある。


そして、私はというと、マイナーミス派(だった)。しかし、マイナーミスは手遅れにならないようすぐ訂正処理できるし、このマイナーミスが起こらないよう鍛える f:id:sumomox:20151231102951g:plain ことだってできる。


結果的に成功するにはどんな能力が必要がというと「スピード」と「的確さ」この両方を持ち合わせていなければならない。そしてこの両方を支えるのが「集中力」に他ならないと思う。そして「集中力」を鍛えるためには、「やる気」と「モチベーション」の高さ。


だらだら f:id:sumomox:20160919165014g:plain 仕事しては集中力は鍛えることはできない。そして肝心なのは物事をスタートさせるときのその瞬間。どのような作業でも、最初始めるときはかなりのエネルギーが必要となります。


そのエネルギーの中に「やる気」がないとスピード感をもった処理は進まない。「やる気がない~」と言ってだらだらと仕事を進めるのは、完璧に時間のロス。誰でもとはいわないが、多くの人は今の年収を上げたいと思っているし、願わくば今より良いお給料のもらえる会社へ・・・。と思っている人もいると思う。


しかし、このご時世。普通の能力ではなかなか認めてもらえない f:id:sumomox:20160917212247g:plain 。何か人より抜きんでたものがなければ、認めてもらえないし、転職先でも受け入れたいと思えるような人には思ってもらえない。たったひとつでもほかの人よりも自信がる!と思えるような強みを探すこと、大事です。