Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

勝ち続けている成功者は着実に自分ルールを守り抜く。「例外」もつくらない。「ちょっとなら・・・」という言葉も要注意。

Sponsored Links

成功している人は意思が強い人が多い、優柔不断そして周りの状況に影響されやすい人はには向いていない。しかし、成功したいと思うのであれば、当然誰だって権利はある。自分のウィークポイント f:id:sumomox:20160618214115g:plain を克服することも必要になってきますが、その弱点をカバーできる方法を探す。


例えば弱点強化のひとつに「勉強」があります。なんでも高収入の人と平均年収の人と「普段、勉強していますか」とアンケートをとっていたところ、高確率で高収入の人のほうが、勉強 f:id:sumomox:20160618214042g:plain すしていると答えたそうです。


勉強していくことによって、自信もつきますし、メンタル面での強化にももなります。利益を出し続けることができる成功者は、情報に流されませんし、何が起きても自分の考えや意思に忠実です。


今の時代、膨大な量の情報が手に入る時代です。便利な時代といえばそれで済みますが、その分膨大な情報量に戸惑い、惑わされて、適格な判断を下せなくなってしまうこともあります。


自分の目標を達成させるためには、自分なりの「ルール」づくりが大切になってきます。ルールが守れる成功者は周りから誘惑的な情報が入ってきたとしても、自身が設定したルールと相反していれば、安易な行動をとることはありません。


あくまでも機械的に淡々と自身の設定したルールを確実に守り、「買い」のサインにより、エントリーしドレード f:id:sumomox:20160701000038g:plain を行っていきます。「時には例外も必要」と考える人もいると思います。それで勝ち続けている人はいいかもしれません。


しかし一度「例外」をとってしまうと、「例外」が増えていくことにつながりかねません。そうなるともはや「ルール」ではなくなります。「例外」なしで自分のルールを徹底させる。ということも大切になってきます。


そして、成功している人は「忍耐力」が高いです。時には心の中で「ああしたい、f:id:sumomox:20151115121636g:plain 、こうしたい」と思ったとしても、我慢ができずに自分ルールを無視して行動することもありません。


あくまでも自分ルールに忠実なのです。自分ルールといっても、身勝手な自分に都合のよいルールではなく、自分が成長するための、そして確実に目標を達成させるためのルールです。


そういえば、最近私の妹が本気のダイエットを始めました。「絶対に間食はしない」と決意し頑張っています。しかし先日、ハンバーガーセットをお土産に帰り、妹に「いる?」と聞いてみました。


妹の返事は「いらない。でもポテトはちょっともらおうかな」 f:id:sumomox:20160113204819g:plain 。自分で決めた「ルール」が守れてません。「勉強になるなあ」とぽろっとこぼしてしまいました。投資においても同じことが言えます。あと「ちょっと」という言葉も危険だな。と気づいた自分もいます。

f:id:sumomox:20160808235755g:plain

絶対達成マインドのつくり方――科学的に自信をつける4つのステップ

絶対達成マインドのつくり方――科学的に自信をつける4つのステップ