Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

「投資」と「速読法」の関係。な~るほど!というぐらいつながっているというか、投資で勝つために必要な技術と言える。

Sponsored Links

株式市場は厳しい世界。日々数えきれない程の情報が飛び交い、その情報ひとつに心が混乱する。そこで悩み初めていては決して株式投資のみならず、どのような投資にだって勝つことはできない。ここで言えることは、投資に関してだけでなく、普段から仕事・プライベートにおいて自分自身に不満を感じていることが多い。


結果だけは早くだしたいとは思っているが、性格が優柔不断で悩みに悩みに抜き、結局は負けてしまう。だから「こころ」。心理面を強くしなければならない。どんな状況でも冷静でいられるような強い精神を持たなければならない。投資で勝つためには勉強が不可欠。5年は勉強期間として必要という考えの投資家もいる。


何かを犠牲にして、集中してとことん勉強しなければ勝てない世界。本気で勝ちたいのであれば、これくらいの覚悟を持って挑む必要がある。しかし、それでなくても社会人は毎日忙しいを送っている。5年なんて待っていられない。1日でも早く結果を出せる自分になりたい。そう思う人も多いはず。


「速く」と「勉強」というと、速読の角田和将先生を思い出す。もともとは、投資ではなく、別の資格取得のための勉強をしていた時に、もっと効率のよい勉強法はないかと探していたときに知った角田先生の速読法。角田先生自身、もともとは投資の勉強をするために速読を学び始めたんだそうです。


人は日々、忙しい毎日の中で勉強だけではなく、仕事やプライベートでも文字を「読む」ことによって情報を収集しています。そしてこの情報収集に多くの時間を費やしてしまっている状態。この情報収集の時間を圧倒的に短くできたら、その分投資の実践練習などの回数も増やすこともできます。


さらに処理能力が高まることにより、分析や思考力が上がり、判断力も強化されいきます。ついでに投資においての心理面の強化ももしているようなものです。これは、投資だけにとどまらず、仕事や人生においても自分を高めることにつながります。なりたい自分への自己イメージを強くすることができ、夢や目標達成への実現力が高まります。


そして、今では角田先生、自身の「速読法」に基づき投資において多くの受講生を持ち、「1日2分の時間投資で月収100万円以上」をキャッチワードに指導を行い、 月収数十万円から数百万円の利益を勝ち取れる多くのトレー ダーを育てているそうです。恐るべし速読。これらのことを考えると投資の勉強の中で、「速読法」を学ぶのも必須と思われる。

行動する時間を生み、最速で結果を出す 速読思考