Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

私が会社の英文メールで実際によく使用する英語の表現

Sponsored Links

経験上、会社の英文メールでよく使う表現


~と伺っております。
It has come to may attention that ~



会社での英語のやり取りは「We」を意識していますか?会社の代表としてメールを送るのであればやはり「I」より「We」
しかし、会社での英文メールでも個人を意識して書く場合は「I」になるので、臨機応変で覚えいく。(私の場合は数をこなすことに感覚で覚えていった感じです。また、メールの返信はネイティブの方からがほとんどなので勉強になります)



双方に署名いただき、そのうち1通をご返送ください。
Please sign both copies and return to us.



返信が遅くなり申し訳ございません
I am sorry I have not written to you sooner.



○○に関してメールを送ったのですが、未だ返信をいだけておりません。
I sent you an e-mail regarding ○○, I have still not yet had any reply.

単発でメールを送るときは、上記に「日付」をいれた方がいいと思いますが、私の場合は、送ったメールの本文をしたにつけ、内容がわかるようにしていますので、特に日付をいれない方が多いです。


この件に関しまして、(日付、曜日など)までにご対応いただけますとありがたいのですが。
We would appreciate your prompt attntion to this matter by (date, etc).



ご返信、お待ちしております。
I look forward to hearing to you.



すべてが順調でありますように。
I hope all is well.
交渉中の途中などのときに文の最後の方にひとことつけたりしています。

聞くだけで速読ができるCDブック

聞くだけで速読ができるCDブック