Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

これまでに行った日帰りバスツアーの体験ツアーで一番きにいっているのは、落花生掘り体験

Sponsored Links

母と千葉県に日帰りバスツアーに行った時に体験した落花生掘り。


その時からはまって、もう何回も参加してます。


(*≧∀≦*)


掘った生の落花生を塩ゆでして、食べる。サイコーです。


落花生掘りの会場には、当然お土産コーナーも設置されていて、


落花生掘りでは、ひとり一本、もしくは二本が通常なので、


(たまに、気前のいいかただと、「ほれ、もう一本もってけ」とサービスしてしてくれる)


それでは、足りないので、必ず余分にお土産コーナーで買って帰ります。


自分で掘った落花生を家で塩ゆですると、工程が大変。


(。>д<)


落花生には、たくさんの土がついている状態なのできれいに、きれいに洗って落とします。


そこから、数十分も茹でる。


作業たいへんだけど、おいしいので、苦労はすっかりわすれます。


お土産コーナーは、普通の乾いた落花生もやっぱりかいますが、


やっぱり国産、というより、千葉産っていうのかな。


スーパーでは、やっぱり海外産が多くて、国産もあるけれど、値段が高め。


( ̄□ ̄;)!!


こういった直売所であれば、それなりに安めに帰る。


落花生掘りって旬のものだから、行ける時期も決まっていますが、毎年楽しみにしてます。



ちなみに、落花生といえば千葉県が有名なのは、当たり前ですが、


千葉県の落花生の生産量は、おおよそ1万5千トンに対し、


二位の茨城県がおおよそ2400トンだそうです。圧倒的な生産量の違いがわかりますね


さらに、千葉県のなかでも、八街産の落花生は、


特に有名で、特許庁の地域ブランドとして、指定登録もされているそうです。