Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

持たない暮らしをすることで、家事も生活もココロもゆとりができます

Sponsored Links

多忙な毎日でも「持たない」という丁寧な生活。シンプルライフは、生活も心もすっきりした生活が送られると思います。「持たないていねいな暮らし」の著者マキさんは、不必要なものは持たない。不必要な家事はしない。そう考えるようになってから家事がとても楽なったそうです。働きながら家事や育児をされている方にとっては両立は大変です。シンプルライフに徹底することにより、働きながらもバタバタせずに生活することができるようになったそうです。f:id:sumomox:20151121081540g:plain


生活の無駄は省くが、「食」にはきちんと手間を。この微妙な仕事と生活のリズムが日常の満足度を上げてくれるのだそうです。このように、丁寧かつシンプルライフを追及、自分の体と心に正直になった結果、たどり着いたのが「自然」だそうです。マキさんは「もたない生活」になって、物がなくて不便だと感じたことはないそうです、逆にすっきりしたそうです。世の中には「ものがないと不安」という人もいると思います。きっと、慣れてくれば自然にその生活に徐々に慣れていくのかもしれません f:id:sumomox:20151120202421g:plain


確かに、物を持てば持つほど、収納スペースが必要になり、さらにその分掃除や片づけなどの時間がかかります。そのため、自分がどのようなものに囲まれて、どのように住みたいと思うことを考えると、自然に物を廃棄処分するか、慎重に選択し物を購入するになれるそうです。「必要ない」と判断する基準は。今使用しているかどうか。また、持ち物はアイテム一つずつ、少なくともひとつ。なんとマキさんはさいばしも油性マジックも1つずつ持っていれば十分と考えます。もたない生活を徹底できたら、時間にも制限されず、心にも余裕が生まれそうですね。

 f:id:sumomox:20151120202346g:plain

持たない ていねいな暮らし

持たない ていねいな暮らし